小型カメラの画質について

Pocket

小型カメラの画質は年々進化していて、画質も非常に良くなってきています。

現在の小型カメラで人気の高い機種は、標準解像度が平均で800万画素程度になります。
これ以上の解像度や画素数の高いものは、「高画質小型カメラ」と呼ぶに相応しいと思います。
ちなみに、現在では超高画質小型カメラと呼ばれるものがあり、値段は高価ではありますが、2,000万画素の機種も登場しています。

また、小型カメラの画質で頻繁に出てくるのが、HD画像という言葉。専門用語のようで分かりにくいと思いますが、正式名称は「ハイ・ディフィニション画質」で、HD画質ではより多くのピクセルで画像を映すことが可能です。
さらに、細かい部分までクッキリと見ることができるところが特徴です。
そして従来の画質をSD画質と呼び、一般的には640×480ピクセルのサイズが多く使われています。

HD画質の場合は960×720~1920×1080ピクセルとなり、高い解像度を持っているのでHD画質の小型カメラは、画像がより綺麗に見えるということになります。

カテゴリー: 小型カメラのスペック パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります